業界の常識(非常識) ~売却する人は要確認~

ブログやFacebook でも書きましたが、
不動産業界では知らない人がいないくらい大手は日常的に行っている(非)常識です・・・
 
週間ダイヤモンドの記事によると、
(Link 切れの場合は下記を読んでください。赤字は私のコメントです)
「物件の囲い込み」と呼ばれる、不動産取引の悪弊を憂いた有志関係者がまとめた不正行為の実態を調査したレポートがあり、結論からいえば、大手各社の信じ難い不正の数々が克明に記録されている。
 
そもそも物件の囲い込みとはどういう行為なのか。それを知るためには、不動産の仲介手数料の仕組みを知る必要がある。
03.jpg

不動産を売却依頼中の方へ

お客さまが売却依頼中の物件、どのように売却活動が行われているか気になりませんか?

本来、売却の依頼(専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の違い)を受けた宅地建物取引業者は、
指定流通機構(reins)に登録する義務があります。

本来ここに登録されている物件は、何処の業者でも取扱いが可能です。
しかし一部の業者は登録しているにもかかわらずいつ電話で確認しても、『契約予定です』と
返答します・・・
 
契約日はいつですか?」と尋ねても、「来週です」と気のない返答・・・

週末になればこの繰り返しです。
おまけに、しばらくすると大幅に値下げをしてきてまた、『契約予定です』だって...

この事実、売主さまは知っているのでしょうか?

査定額の決め方はこんなに適当?

定期的にポスティングされる『当地域限定で探しているお客様がいます!
という広告をよく見かけると思います。

特にマンションにお住まいの方ならよくご存知だと思いますが、マンションのポストには毎日のように不動産会社から「このマンション限定で探しているお客さまがいます」というチラシが入ってきます。

売却を考えていない方には全く効果のないチラシですが、売却を考えている人にはこれが気になって仕方がない状況になります。

専任媒介には危険がいっぱい

今回はどのようにして業者を見極めるか?
査定を依頼した業者の中から2、3社ほど選択します。
  
『査定額の決め方はこんなに適当?』
でお話した通り、業者の目的は、あなたの不動産を売ることではなく、高値でいいから専任媒介契約を結ぶことです・・・

専任媒介契約とは、こちらからご確認ください。

『当地域限定で探しているお客様がいます』のウソ

motomu-01.gif

 このようなポスティングチラシをよく見かけます。特にマンションにお住まいの方ならよくご存知だと
思いますが、マンションのポストには毎日のように不動産会社から「このマンション限定で探しているお客さまがいます」というチラシが入ってきます。

売却を考えていない方には全く効果のないチラシですが、売却を考えている人にはこれが気になって仕方がない状況になります。

「広告厳禁!」 売主様は知っているの?

あなたはご自宅を売却することになった場合、新聞広告やインターネット広告の掲載を希望しますか?

中には、近隣にわからないように売却したい・・・
このように思う人もおりますが、ほとんどの人が広告掲載をして早く売却をしたい!
こう思うはずです・・・

ところが、専任媒介契約の締結を目的とした業者は広告掲載の承諾すら拒否します!

理由は・・・

売却の裏ワザ セミナー

メールアドレス(必須)
名前(必須)